アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)
すべてnetのコピペで出来ています。具合の悪いものがあればすぐに削除しますので連絡してください。アマゾンの商品は文中に出てくるキーワードで検索したものです。


お笑い&ジョーク ブログランキングへ
無理しないでボチボチ
面白画像 ジョーク
ショッピングいいね
Follow @raokon1770

2つあった卵を割って、鳥の巣に火をつけてやったわ!

[全裸の男と少女}
その昔、ある浜辺で素っ裸で日光浴を楽しんでいる男がいた。
すると、前から小さな女の子が歩いてきたので、彼は、読んでいた新聞で彼の大事な部分を
覆ってしまった。女の子は、新聞一枚の彼に不思議そうに尋ねた。
「ねえ、ミスター,その新聞の下には一体、何があるのかしら?」
返答に困った男は、ひとまず無難に答えた。
「ん〜、鳥さんだよ。」
「ふーん。」
女の子が彼の前を立ち去るのを見て、彼は安心して深い眠りについた。
しばらく経って、彼は信じられない苦痛によって目が覚めた。男はどういう訳だか病院のベッドに
寝かされていた。
目覚めた男に対して、傍らの警官が彼に尋ねた。
「どうしてこんな事になってしまったんですか?」
「どうしたもこうしたもあるもんか。向こうの浜辺で、女の子の質問に答えて眠ったらこの始末だ。
女の子に聞いてみてくれ!」
男の訴えを聞いて早速、警官は浜辺で女の子を探した。
ほどなくして彼は、一人の可愛らしい女の子を見つけた。
警官は、少女に優しく尋ねた。
「お嬢ちゃん、ここに裸の男の人がいたでしょう?その人に何をしたのかな?」
女の子はちょっと間を置いて答えた。
「あたしね、鳥さんと遊んでたの。」
女の子は、不思議そうな眼差しの警官に言った。
「そしたら、鳥さんがあたしに唾を吐きかけたの。」
「唾を?」
「だからあたし、鳥さんの首をへし折ってやったの。」
「で、それから?」
警官の問いに、女の子は怒った様子で言った。
「2つあった卵を割って、鳥の巣に火をつけてやったわ!」     
↑文中のリンクを試してください、思わぬものが出るかも
のキーワードをクリックしてみて


梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日 オバマ大統領
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日 沈没
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を 全裸の男と少女
素っ裸で日光浴 鳥の巣



先頭へ 前へ 次へ 末尾へ