アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)
すべてnetのコピペで出来ています。具合の悪いものがあればすぐに削除しますので連絡してください。アマゾンの商品は文中に出てくるキーワードで検索したものです。


お笑い&ジョーク ブログランキングへ
無理しないでボチボチ
面白画像 ジョーク
ショッピングいいね
Follow @raokon1770

自分のオナラで内蔵をふっ飛ばしてしまう

ある夫婦の結婚生活で唯一問題だったのは、夫が毎朝目覚める時に大きなオナラを
することだった。
夫のオナラの音のもの凄さに妻はベッドから飛び起き、その臭いのひどさに彼女は涙を流し、
窒息状態から逃げて新鮮な空気を吸うため、口をパクパクせざるを得なかった。

あまりのひどさに妻は「この習慣を止めないと、いつかあんたは自分のオナラで
内臓を吹っ飛ばしてしまうからね」、と言うしかなかった。

ある年のクリスマス、家族に特別料理を作るため、妻は夜明け前から起きて、
七面鳥とグレービーソースの準備を始めた。七面鳥の内臓を取り出す作業をしている時、
彼女の頭にある考えが閃いた。
彼女は取り出したばかりの七面鳥の内臓をどんぶりに移すと、物音を立てないように階段
を上ってベッドで眠っている夫の横に戻り、夫がぐっすり眠っていることを確かめると、
妻はベッドカバーをそっと剥がすと、眠っている夫のパンツの中にどんぶりの中に
入っていた七面鳥の内臓を全部空けて、元通りに戻した。

数時間後夫が目覚めて、いつもの様にトランペットの様な音を立ててオナラをするのが
妻には聞こえた。
続いて血も凍るような悲鳴と、ドタバタとトイレへ駆け込む音が聞こえた。
『してやったり!』妻は笑いすぎて涙が止まらなかった。『長年に渡りさんざん我慢して
きたけれど、ようやくお返しをしてやることが出来たんだわ!』20分程経ってから、
恐怖で目が引きつった夫が、血で汚れたパンツ姿で階下に降りて来た。
妻は笑いをおし殺し、そ知らぬ顔で「どうしたの?」と夫に尋ねた。
「なぁ、お前は、いつか俺が自分のオナラで内蔵を吹っ飛ばしてしまうんじゃないか、
 って言い続けていたよな。とうとう今日、それが起こってしまった。でも神様のおかげで、
 ほら、この指二本を使って、吹っ飛んだ内蔵を何とか肛門から押し込んで、
 元に戻せたみたいだぞ。」
     
関連キーワード  

のキーワードをクリックしてみて、時々面白いものが出るよ

オナラ 七面鳥 トランペット
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日

ブログランキング
先頭へ 前へ 次へ 末尾へ