アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

若い衆が集まると、お色気のほうに話がゆくもので



後家願望

えー、いつでもどこでも、若い衆が集まると、お色気のほうに話がゆく
もので、
「あァ、おいらおぼこ(純情)な生娘きむすめが好きだな。小間物屋の
お久ちゃん、いいよなァ、あの娘は」
「いやいや、しんねこ(人目をさけて語り合うこと)は年増に限るぜ、
どうだい、横丁の師匠の、あの色っぽいこと」
「俺は地女より、商売女がいい。吉原の八幡桜の、千歳てぇ妓こは、
そりゃあもう、飛びっきりだぜ。女は女郎に限らあ」
「冗談いっちゃあいけねえ。モノにしたいなァ、大きな声じゃいえねえ
が、尼さんだよ。こんど法然寺に来た若い比丘尼。見ただけで、ブル
ッと来ちゃう」
勝手なことをいい合っておりますのを横目に一人が、
「おめえら、みんな若えな。何といっても色は後家さんに限ると、むか
しからいうだろう。伊勢屋の若旦那が死んで、後家さんになったあの
お花さん。あの艶やかさ、色っぽさはたまらねえじゃねえか」
「あー、そうだ」
と、たちまち衆議一決して、後家さんが一番ということになった。
中の一人が、無精ひげを撫ぜながら、
「ああ、俺の女房も、早く後家にしてみてえ」



定本艶笑落語 小島貞二編より