アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

後ろばかり攻めるのでございます






突ッとおし


えー、嫁いだばかりのお嫁さんが、仲人ンところへかけこんで参りま
して、
「あのう、お願いでございます。私は、もうもう辛抱はできませぬ」
「え、どうした?喧嘩には、ちと早すぎるじゃァないか、えッ?」
「はい、ほかに不足はございませぬが、あの人は以前から陰間買い
(ホモ)のくせがございまして・・・・」
「はてナ、それはもう慎む約束だ・・・」
「いえ、それは慎んでおりますが、あの・・・酔って帰りますと、私の前
にかからず、後ろばかり攻めるのでございます」
「え、後ろばかり?ウーン、それはいかんな。よしよし、いずれ、折り
を見て、わしから言って聞かせよう」
「それでは間に合いませぬ、今夜も、あの・・・寄合があるというので
出かけましたので、酔って帰るに違いございませぬ。私、とても我慢
ができませんので・・・」
「困ったナ、それは・・・。よろしい、それじゃ今夜だけは、仲人のつと
めとして、わしが代わろう。おまえさんは、私の家でやすんでいなさ
い・・・」

仲人もツラいものでございまして、その夜は、お嫁さんの代わりに、
お嫁さんの夜具へはいって、待っている。
それとも知らず帰って来た亭主が、酔ってますからナ、暗い中ですっ
かり嫁さんだと思って後ろから攻めかかる。
「おやア、今日はまた、かくべつ、よい味じゃ。ありがてェありがてェ、
ひとつ、しこたま、コマしてやろう・・・」
てンで夢中になっている。そのうち何げなく前へ手をまわした亭主、
仲人の一物にさわりまして、キモォつぶして、
「南無三、突きとおした・・・」

定本艶笑落語 小島貞二編より