アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

二人で砂漠をのんびりと歩き回った





ある田舎町で結婚50周年を迎えた老夫婦に地元の新聞社がインタビュ
ーした。
「50年間も結婚を続けてこられた秘訣は?」
すると夫が昔を振り返って懐かしそうに答えた。
「わしらは新婚旅行でメキシコへ行ったんじゃ。そしてロバを借りて二人
で砂漠をのんびりと歩き回った。すると妻の乗ったロバが急にガクンと
膝を折り、妻は落ちてしまったんじゃ。妻は『1』と言うと何事も無かった
ようにロバに乗り、再び散歩を続けた。するとまたそのロバが急に膝を
折ってな、妻はまた落ちてしまった。妻は『2』と言うとまた何事も無かっ
たようにロバに乗った。そして三度目に落とされたとき、妻は『これで3
回目よ!』と言うなり、荷物の中からリボルバーを取りだして、ロバを撃
ち殺してしまったのじゃ。わしゃあ、びっくりしてな。いくらなんでも撃ち殺
すことはなかろうと妻をひどく叱ったんじゃ。そうしたら妻が言ったんじゃ
よ」
「何て?」
「『1』とな」
------------------------------------------------------------------------------

ある砂漠の真中で、一人の男がラクダに食料と水を乗せて旅をしてい
ました。

1週間も過ぎた頃、男は性欲が我慢できなくなりました。
しかし、砂漠のド真中で性欲の処理をどのように・・・・・と男は考えまし
た。

フト目をやると、一緒にいたラクダは雌だったので男はラクダを犯す事
にしました。

ソッと後ろからラクダに近づき襲い掛かった所、ラクダの後ろ足で蹴られ
てしまいました。

しばらくは、ラクダに蹴られた怪我の為に変な気を起す事もなかったの
だが、

怪我も治った頃、また男はムラムラしてきました。
そんな時、砂漠の先に人影がみえました。
男はその人影の方に行った所、綺麗な女性が倒れていました。
男 「大丈夫ですか?」
女 「3日間何も口にしていないんです。」
   「水を分けて頂けませんか?」

男は、その時これで自分の性欲が満たせると思い言いました。

男 「俺の言う事を聞くなら分けてやってもいいぞ。」
女 「はい、なんでも聞きますから水をください。」

男は、水と食料を女に与え、女が落ち着いた頃に言いました。

男 「ラクダの足を抑えてくれ!」