アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

金精神さまの御神体



神様の夜ばい

 むかし、ある村長の家に、かわいげな一人娘がいたそうな。
年頃なので、似合いの婿殿をもろうたが、婚礼の夜に死んでしもう
た。
それから何度も新しい婿殿を迎えたが、なぜか、初夜の床で死んで
しもうた。
 あの娘は、顔に似合わず魔性もんだと云う悪いうわさが立つと、も
う婿に来るものはおらなんだ。
 ある日、旅の男が、村長の家に一夜を願って寄った時、村長から
娘の不幸を聞き、「そら気の毒なことや。わしが婿になってしんぜよ
う」。
 村長も娘も喜んで、さっそく婚礼の式をあげることになった。男は前
の婿殿が、みな男の一物を食いちぎられて死んだことを聞いていた
ので、村の氏神に「金精神(こんせいじん)さま」という鉄で出来た男
根が祭ってあるのを思い出し、初夜の床の下にかくしておいた。
式がすみ、いよいよ床入りすることになったが、娘はうかぬ顔であっ
た。
 「なに、少しも心配はいらん。嫁御は存分にわしに抱かれればえ
え」というて男は、娘の口を吸いながら胸元を広げると、白桃のような
豊かな乳房がでてきた。
今度は乳房を吸いながら腰巻きをめくり女陰(ほと)を撫でると、ピク
ン、ピクンと腰が動き始め、尻を高く上げて「アハーアハー」とすすり
泣くような声が漏れ出した。
男はここぞとばかりに金精神さまの御神体を嫁御の女陰に「グイッ」
と差し入れた。「ガリーッ!」と歯の折れる音がした。男は「よしよし、
うまくいったわい」。
それから御神体を入れたり出したりこね回したり、すると歯が全部取
れてしもうた。 
それから二人は仲むつまじく一夜を明かしたということじゃ。
 おさまらないのが金精神さま、「ええ気持ちやった、ええ味じゃっ
た」と、あの時の味が忘れられずに、夜な夜な村の美しい娘のところ
へ夜ばいに行くようになり、村じゅう大騒ぎになったそうな。

@raokon1770 からのツイート