アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

ちんぽ焼き




お医者様

 ある町に、なかなか男前の医者がおったそうな。娘も、おかみさん
もみんな、男前の医者のところへみてもらいに行った。
 ところが医者の隣りに住んでいる色白の艶っぽいおかみと医者と
の仲が通ったり通われたりしているうちに、いい仲になってしもうた。
長い月日が過ぎても、ばかな亭主は少しも気がつかんじゃった。
あるとき、おかみと医者との一儀がすんでから話し合った。
「なんと、おまえの亭主は、まだ気がつかんのかや」
「へえ、なんにも知りません」
「そうか、今度はひとつ、亭主の目の前で、いい事しようじゃないか」
「そらまた、どないふうにするのですかネ」
「おかみが、病気という事で、そこへわしがみに行く、そうして亭主の
目の前でやってみせるわい」
 そうして二人はあれこれと段取りをきめて、あくる日の約束をしてわ
かれた。次の日、おかみは亭主の前でうなりだした。
「腹が痛い、死にそうじゃわい。すまんがお医者様を呼んでくだされ」
「そりゃ大変や。待っておれよ、しっかりしとれよ」
と、隣りへとんだ亭主は、薬籠箱(やくろうばこ)かかえた医者を連れ
て来た。「どれどれ、腹痛じゃそうだが、困ったもんだのう」
 医者はおかみさんの腹に手を入れて、徐々に下のほうを探りなが
ら、「これはあかん、婦人(おんな)の病じゃ。薬を外から差しこまにゃ
ならんが、深うても浅うてもいかん。ここはひとつご亭主の力を借りね
ばならん。すまんがご亭主のちんぽこの先に薬をつけてやるけえ、
おかみさんのアソコへ差し込んでくれんかいの。
ええところで止めておけば、そのうちに薬が溶けて、悪いアソコも直
るんじゃ」   
 亭主はもじもじと、真っ赤になって言うた。「お医者様、わしには、
そんな事できませんわ」
「そら困る、できんでは、このままおかにが死んでしまうぞな」
「けんど、うまく差し込む事ができませんのや。先生どうしたらええじ
ゃろ」
「困った亭主じゃ。しょうがないの、わたしが代わってやってみよう」
「ありがとうございます。お願いします」
 そこで医者は自分のちんぽこをしごいて反りをつけて先端に薬をつ
けると、おかみの股を大きくひろげた。
「そりゃ、入れますぞ」グイグイ差し込んだ。
「どうじゃ」と聞けば、おかみさん、
「ハア、先生、入りすぎました」と、少し抜くと、
「アア、先生、出すぎました」。またグイと押し込むと、
「入りすぎました」。また少し抜けば、「出すぎました」
 出すぎた、入りましたと繰り返すうちにおかみさんは荒い息づかい
に、上に下に右に左にと腰を使うのを見てた亭主は、「おかあ、そん
なに苦しいか」

@raokon1770 からのツイート