アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

蝉が百匹



夜啼き=ちょっとエッチな土佐落語
 明治の時分、今は春野町になった、土佐弘岡の大小路という集落
に、豊吉という若い衆がおりました。当時の若い衆連中は、若衆組
を作っておりまして、性教育なども、もっぱらこの組でしたもんです。
「おい。ぼつぼつ蛍の出る時期じゃが、毎年今頃になると、妙にのぼ
せてくるねや」
「それよ。蛍と聞いただけで、娘の浴衣姿が、目の前にチラツクき
に、不思議なねや」
「娘の浴衣姿となると、オレは蝉の方がピッタリくるねや」
「ホリャ、また豊吉の蝉が始まった。豊吉は子供の時分から蝉狂い
じゃが、皆んなァはどうなら? 娘の浴衣姿は蝉と蛍のどっちがピッ
タリくらァ」
「そりゃ蝉よ。なんというても風情がある」
「豊吉は蝉のどこが良けりゃ?」
「ウン、蛍は啼かんが、蝉は啼く…」
 この若衆組は、女房を貰ったり、独身でも25歳になると、組から外
される仕組みになっておりました。
 さて、蝉の豊吉は甲斐性なし。25歳で独身のまま若衆組を定年に
なりましたので、叔父が心配してやってまいりました。
 「豊吉。オンシは女房をよう貰わんうちに、若衆組を外されたつ
か?」
「ウン…」
「25にもなって、好きな女の一人も居らんかや」
「居らん…」
「ほんなら、オレが女房を世話しちゃるが、どんな女が良けりゃ?」
「蝉みたいに啼いてくれる女がエイ」
 この叔父の世話で、豊吉はようやく女房を貰いましたが、注文をつ
けただけあって、その女はなかなか啼きっぷりがよろしゅうございま
す。
 あんまり毎晩啼きますので、後家の母親から文句が出ました。
「豊吉よ。なんぼいうたち、嫁はもうピット、こまい声が啼けんもんか
よ」
「お母ァ。そんなこというけんど、ワシの子供の時分、お母ァじゃち、
存外啼きよったぜよ」
「アテも啼かんこともないが、ヒグラシばあの啼きかたじゃったぜよ」
「お母ァがヒグラシなら、ワシの女房は何ぜよ?」
「クマ蝉が百匹よ!」

@raokon1770 からのツイート
http://t.co/0W37ZqxN5s pic.twitter.com/zWvSaEPVvS
— ちょい悪エロ親父 (@raokon1770) 2014, 2月 20