アイシーティ合同会社 

アイシーティはパソコン・IT機器・経理処理のご相談・設定を通じて
中小企業・個人様のお手伝いをします。
地域限定(尼崎市・大阪市・西宮市)

いつでも何処でもネットショッピング
アマゾンでお買い物(弊社HP経由)

塀の子



 えー、ごくお古いおはなしで・・・・。
さるお旗本のお屋敷がナ、こう、となり合わせにございまして、この
両家の下男と下女が、いつしか割りない仲となりました。
只今と違いまして、”不義はお家のご法度(はっと)”なんてことをい
って、大変やかましい時代でございますから、逢瀬をたのしむなんて
えことは容易じゃァない。
いろいろ考えたあげく、両家の境ンところに塀がある。その塀に、手
頃な節穴がありまして、男のほうがコレを通して、双方その品物を接
触し合っては楽しみにしている。
くわしくいえば、野郎のほうが、いきり立った長いのを、その穴からヌ
ーッと出す。こっちのほうで、女のほうが自分の穴で、そいつをスポ
ーッとうけとめるという・・・・。まァ、生活の知恵ですナ。


 いつの時代でもそうですが、使用人てえものは、主人の用事なん
ぞで、そうそう自分の思い通りにはゆかないもので・・・・。
あるとき、打ち合わせの時刻に、突然お姫さまが、お庭の散歩に来
合わせる。
下女はびっくりして、あとへ下がりましたが、そんなことァ知らない下
男は、いつものように、張り切った品物ォつん出して、今や遅しと待
ちかまえる。
下女はアッと思ったが、もっとおどろいたのはお姫さまです。
なンしろ、深窓育ちで、男のそんなものは、見たこともない。
「これ、あそこに生えている、あの異様なものは、なんじゃな?」
「ハ、ハイ、あれは・・・・」
こりゃァ、正直にいう勇気は出ませんから、くるしまぎれに、
「キノコの一種でございまして・・・・」
「キノコの一種? して名前は?」
「ハイ、木に生えるのはキノコでございますが、あれは塀に生えてお
りますゆえ、ヘイノコと申します」