アイシーティ合同会社  

ただ今 やってます



メクラとツンボとオシが集まって細君の自慢話を始めた。

ツンボ 「うちのカミサンは最高だ。イジって欲しいところをあいつが自分で指でさして教えてくれる」

メクラ 「いいや俺のカミサンの方が上等だ。俺がどこに差すのか見えなくてもあいつの方からまたがってきやがる」

オシは二人の話を聞いてから、自分の喉元を指差して見せた。


いわく 「よがり声を出さないので近所に気兼ねせずにすむ」